スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. -------- |
  2. スポンサー広告 |
  3. Trackback(-) |
  4. Comment(-) |
  5. pagetop

発表☆世界一周ルート


すっかりオーストラリアが住処となったRhです。

しかも、今以前ベビーシッターとしていた家で何気に働いてます。
前居た時よりもさらに皆が優しい・・
そして楽しい・・
前のようにBOYSとラグビーしたり、
昨日は一緒にケーキ作ったり、
今日は大統領選挙パーティーで人がたくさん来てわいわいしてます。
(10年居座っていたハワード氏は勝つんでしょうか・・)



そんな感じで大変居心地がいいので、
ついついこのまま定住してしまいそうですが、
そうも言っていられないので旅立ちます。


やっとこさ、世界一周航空券を発券しました~!!


今後のルートを発表しまーす☆

まずはですね、
いよいよAUSを11/26に出発しNZへ!!

その後は、

シドニー
 ↓(11/26)
クライストチャーチ(ニュージーランド南島)
 ↓(1/25)
オークランド(ニュージーランド北島)
 ↓(2/11)
サンチャゴ(チリ)イースター島行きはここからのみ。
 ↓(2/13)
イースター島(チリ)もちろんモアイを観に!
 ↓(2/17)
サンチャゴ
 ↓(2/17)
リマ(ペルー)ラパスやウユニを周遊。
 ↓(3/10)
カラカス(ベネズエラ)憧れのギアナ高地へ!
 ↓(3/16)
バルセロナ(スペイン)
 ↓
陸路でフランス・イタリア・ドイツ・オーストリアを周遊。
 ↓
ブタペスト(ハンガリー)
 ↓(4/21)
イスタンブール(トルコ)
 ↓(4/27)
ロンドン(イギリス)
 ↓(5/4)
ムンバイ(インド)余裕があれば中国まで足を伸ばす。
 ↓(5/26)
バンコク(タイ)カンボジア・ベトナム周遊。
 ↓(7/9)
シンガポール 気が向けばマレーシアへ足を伸ばす。
 ↓(7/14)
香港
 ↓(7/20)
成田 青春切符で東京周辺を徘徊。


こんな感じになります!

日程なんかは多少変わるかもしれませんが、
お盆までには帰国する予定。

何故なら地元の宮島花火大会に行きたいからっ!!



それにしても、
他の国に行くというのにいつものごとく平常心・・

大丈夫かあたし。


全てのチケットが束になった
ワンワールド世界一周航空券↓
ticket



思ったよりは厚くなかった↓
ticket

スポンサーサイト
  1. 2007-11-24 |
  2. Australia |
  3. Trackback(0) |
  4. Comment(16) |
  5. pagetop

命。


昨日、愛犬あーちゃんが自宅で息を引き取った。

享年14歳。

思えば、私の人生の半分以上があーちゃんと一緒だったんだ。



幼い頃から心臓が悪く、いつも病院通い。

そんなには長くは生きられないだろうと思っていた。

10歳を過ぎて、

今年は大丈夫だろうかと思いながらも一年また一年と過ぎ、

旅に出る前、



もしかしたらもう会えないかもしれない




そう思った。

でも、言葉に出すと本当にそうなりそうで言葉には出さなかった。




私はいつも命について考える。


肉食、家畜、動物実験、毛皮や動物の販売。
人間によって失われる命の数はあげたらキリが無い。


中でもペットの位置付けはとても難しい。

特に犬や猫などは自然界では生きられない人間が改良した動物。

人間と一緒でなければ生きていく事ができない、

つまり、ペットの人生は一緒に生活する人間によって決まるともいえる。





彼らにとってどんな生き方が幸せなのか?


長生きすれば

子孫を残す事ができれば

ぜいたくなご飯を毎日食べれれば幸せなのか。


答えはNOだと思う。


私はブリーダーの手によって、
子どもを何度も無理に産まされた母親犬を見た事がある。

毎日えさだけ貰って話しかけさえされず、
ひもにつながれたままの犬を見た事がある。

だけど、そうやって生きながらえる彼らと
飼い主から見放され、年間保健所で殺される44万匹以上の犬猫と
どちらが幸せなのかは私にはわからない。




だけど、例え短い生涯だったとしても

子孫を残す事ができなくても

毎日ぜいたくなご飯が食べれなかったとしても

愛情を受けてさえいれば、

彼らは幸せだと感じるんじゃないだろうか。


これは人間にも言える事だと思う。





基準はない。

環境によっても違うと思う。




ようは本人が楽しかったよ!みんな元気でって、

最後にそう思えるような時間を過ごせてたか。


周りにいた家族が、彼を思って涙を流し、

一緒に過ごせてよかったと笑い合えるようなそんな時間を過ごせてたか。




あーちゃんの気持ちを人間語で聞く事はできなかったけど

Rh家は本当にみんなあーちゃんを愛してたなぁと思う。



11月19日。

弟の誕生日に亡くなったあーちゃん。

先月は叔母の愛犬が叔母の誕生日に亡くなった。

友達の最期を見届けて安心したのかもしれない。

みんなで一生忘れないねと話す。



あーちゃんの最期を日本で見届けれなかったことが悔やまれるけど、

スカイプで安らかな寝顔を見る事ができた。




あーちゃん、

たくさんの幸せと思い出をありがとう。

あーちゃん



  1. 2007-11-20 |
  2. Australia |
  3. Trackback(0) |
  4. Comment(9) |
  5. pagetop

9ヶ月経って思ふこと。


私も含めて日本人って

どうしてこうも自分や人や社会に対する評価が厳しんでしょうか?



AUSに来てもうすぐ9ヶ月が経とうとしています。
いろんな所でいろんな人達の仕事をお手伝いさせてもらいました。
そして、日本に居る時とこっち来て180度考えが変わった事の中の一つに
「仕事に対する考え方」があります。



私はいつもやりたい事がたくさんあって、

でも、仕事は一つに絞らなきゃ!って思ってました。

そんで完璧にやんなきゃ!って思ってました。



だけどこっちに居ると、

一つに絞る必要性も

完璧にやる必要性も

全く感じられないんですよね。

仕事なんてみんな2~3つやってるし、(今のホストは5つ・・)

ちょっとかじった事あったら

アーティストだとかダンサーだとか普通にいうし。



私が日本に居たら、とてもじゃないけど「アーティスト」だなんて口にできない。

別にアートで食べてる訳でもないし、

趣味といえるほどの頻度で制作してるわけでもなし、

自信のある出来映えの物が作れるでもない。

ただ、好きな時に好きな物を作るのが好きなだけ。



でも確かに英語では

「アートで食べてる人」も「趣味でをアートをやってる人」も

「アーティスト」と呼ぶ訳で、

それがどのくらいの頻度で制作していようが、

それがどれくらいの質であろうが関係ない。

「仕事」だろうが「特技」だろうが「趣味」だろうが関係ないのだ。



私が一つに絞らなきゃって思いつつも絞れなかった理由もそこにある。
一つに絞ると転けた時が怖い。
しかも、自分がそれで食べていけるかもわかんない。
やってないから勿論自信もない。
だから、なかなか一つに絞れなかった。



でも、そうする必要性がない事は畑とオージーが教えてくれた。


例えば一つの農作物を育ててると、

水不足や虫なんかで全部やられると大きな痛手になる。

だけど、複数の農作物を育ててれば

一つがやられても、大きな痛手にはならない。


それを考えてか考えずしてかは知らないけど、

オージーは昼間は会社で働いて、

家でファームをやって、

ネットで自分が作った作品売って、

週末はクラブで演奏して、、とかほんと色々やってる。


それなら、会社が突然倒産しようが、

水不足で不作の年があろうが、

絵が描けない時があろうが食べていけない事はないわな。


それに、人間だから一つだったら飽きて当たり前。
やりたい事がたくさんあって当たり前。
多様性がある方が人生豊かになって当たり前なのだ。



私も会社勤めの時は夜中の1、2時まで仕事してる時もあった。


でも、何の為に・・?


完璧にやりこなす事で、

それを会社の誰かに認めてもらう事で、

自分の存在価値でも見つけるつもりだったのかな。



自分の精神面や身体の健康、

家族や恋人、友達との時間を割いてまでやる必要なんてどこにもない。


そもそも、どこまで質あげれば満足なの?その先に何があるの?と思う。



別に日本人の勤勉さがだめだとは全然思わない。

仕事は手を抜くとかそういう意味でもない。

だけど、優先順位を間違ってる気がする。

なーんか、無理してる人多いもん。

でもそうなる環境なんだよね日本は。


まずは自分の身体や周りがHAPPYかどうか。

人と自然に迷惑かけずに、好きな事いろいろしよっと。

じゃなきゃ、本当に勿体ない人生が。



まぁ、だいぶまとまってないんですけど

ていう考えです最近私。

  1. 2007-11-04 |
  2. Australia |
  3. Trackback(0) |
  4. Comment(10) |
  5. pagetop

ワラビーの日常。

カンガルーパラダイスとも言える

ここクリスタルウォーターズでは、

本当に毎日カンガルーやワラビーが

そこらじゅうでぴょんぴょんしてたり、

ごろごろ寝てたりしています。


その中でも私の部屋の前に毎日何故かやってくる彼を激写。


wallaby



wallaby



wallaby




こんな感じでまったりしています。


本当に毎日・・



  1. 2007-10-26 |
  2. Australia |
  3. Trackback(0) |
  4. Comment(6) |
  5. pagetop

最近してる事。

今どこにいるかというと、
世界的に有名なECOビレッジクリスタルウォーターズという所に来ています。
位置的には東海岸ブリスベンより北へ電車で2時間くらいの所。

そこにあるゲストハウスでお世話になってるんですが、

最近している仕事はというと






mowing。



mow?



え、牛の世話?

乳搾り?





知らない単語を聞いたとき、
私は勝手に意味をイメージ化する癖がある。

今回はこんなイメージだったのだけど、

よく考えたら、牛の鳴き声は英語ではmoo[mu:]だから、全然関係なかった。
(しかも、乳搾りはmilking・・)

辞書によると、

「mow=芝刈りする」

でした。


それにしても、芝刈り機を使ってやるのは初めてだったんだけど、
いやー大変だった・・

写真じゃわかりにいくいけど、
グランド半分くらいの敷地をほぼ一人でmowingし、
crystal


その後はplantingする為に延々と芝のかき集め・・を一週間ほど。
crystal




私がそんな大変な思いをしている最中、
傍らではカンガルーが人が汗水流してかき集めた芝の上で昼寝。
crystal

crystal

crystal



毎日こんな感じでした。

最初はカンガルーだ~♪なんて喜んでましたが、
毎日ペットか君らはってくらい、
毎日その辺でぴょんぴょんはねたり、
ごろごろ寝そべっているので
今じゃすっかり私のいい話し相手です。


そういえば、
オーストラリアではカンガルーの肉、普通に食べるんですよ。
知ってました?

それにしてもスーパーで普通に「肉」として食べるかと思いきや、
カンガルーを国で保護したり、
はたまた生態系維持とかいって乱獲したり、、



何だか人間のやる事はよくわかりませんね。

生態系に関しては人間が管理しなくても、
自然に増えたり減ったりしながら、
1番いい状態のピラミッド型になるって、中学校の生物で習ったけどなぁ。


  1. 2007-10-22 |
  2. Australia |
  3. Trackback(0) |
  4. Comment(5) |
  5. pagetop

Death Education


もしあなたの余命があと1年だったら、何をしたいですか?



もしあなたの余命があと1ヶ月だったら、何をしたいですか?



もしあなたの余命があと1日だったら・・?






みなさんは何をしたいと思いましたか?

今思いついた事と実際の生活は同じでしたか?

1番大事なことそっちのけで仕事を優先したり、
TVに時間を取られ過ぎたりしてませんか?



今思いついた事を大切にしてください。

それがあなたにとって、1番大切な事のはず。






最近気付いた当たり前の事。


計画好きな私が唯一決めれない事。


それはいつ死ぬか。




正確にいうと、産まれる時もだけど
まぁ今後私が経験する意味でいうと

本当にこれだけ。




ついつい忘れがちになってしまうけど、

身近に自分の死を意識するだけで、

自分が生きている事が当たり前ではないこと、

今自分を生かしてくれている

地球の恵みや家族や出会った周りの人達にに心から感謝できる。



2年前、おじいちゃんのお葬式の時に思った。

会った事もないたくさんの遠い親戚を見て、
おじいちゃんが居なかったら
私も含めてここにいるみんな存在しなかったんだなと単純に思ったのを覚えてる。




最近いじめが悪質になったり、

人を殺したり、

自殺する人が多かったり、

動物を虐待したり、

地球を汚したり、

なんだか数えきれないくらいの悪いニュースがたくさんある。



だけど、

死を意識すれば、

自分たちがすごい確率の中で生かされている事に気付けば、

そんな問題も減るんじゃないかなぁ?



これは私が楽観的な考えなのかな。

でも生きてるってことは、

その時点で全ての生き物は死に向かってるってことだよね。



教育界でも今「生きる力」を養おうって言ってるけど、

まぁ言ってる事は間違いじゃないんだけど、

死に対する学習した方がよっぽど生きる力つきそうな気ぃするけどなぁ。






Death Esucation、死の教育。

明日死ぬかもしれないからこそ、

無駄な事なんてする時間はない。

いろんな事に感謝出来る。

そして、毎日後悔のないよう大切に生きたいと思う。



みんな、ありがとう!


  1. 2007-10-11 |
  2. Australia |
  3. Trackback(0) |
  4. Comment(7) |
  5. pagetop

師に出会う。

いつものごとく山にこもって往信不通のRhでしたが、

ついに出会いました師匠に。

それもすごい偶然から。




これから日本に帰って私のやるべきことが徐々に見えてきた。

自分が出来る事を活かしながら

人と動物と地球と共生していきたいって思ってた。

だけどどうすればいいのかよくわからなかった。

でも答えはすごくシンプルだった。

私はきっと知ってた。

けど、現代社会の大きな流れの中でそれが見え辛くなってただけだった。




絶対に人は自然の力には逆らえないはずなのに

人は自分たちの力を過信し過ぎてしまってる。

どんなに化学が発展しても

月や太陽や地球の公転も

海流の動きも

大気の流れも

その土地になる植物も

生まれる動物も

絶対変えれないこと。



そのはずなのに、

何でスーパーでは年間を通してピーマンやバナナがあるの?

その土地になる旬のものをおいしく食べるのが1番栄養もあって身体にいいのに。

土によっても気候によっても時期によっても

ミネラルやビタミンの量は全然違うのに

どうやって割り出したのやら食物成分表・・

いつでもどこでも何でも買ったり食べたりできるのが

ぜいたくなことじゃない。

だって桜が年中咲いてたら、誰がお花見にいくの?





昔の人たちがしてた生活が本当に理にかなってる。

ちゃんと地球の一員てのをわかってたと思う。

だって、暗い夜に畑仕事して、

水のない土地で田んぼをする人なんていなかったもの。



地球の一員である植物も昆虫も動物も人間さえも

例外無く必要なのは空気と光と水と土。

この4つがなくちゃー生きる事さえできないじゃんね。

なのに、人間は土の上にコンクリートを敷き詰め、

汚水を海へ流し、

化学物質によって大気を汚してる。

そりゃー地球がいっぱいいっぱいになっちゃうわ。



この数百年の間に起きてしまったことを否定するんじゃなくて、

今ある現状に目を向けて

少しずつ少しずつ地球の傷を癒していきたいと思う、自分なりに。



一握りでもゴミを減らして地球に土を返すぞ。


あー想像するだけでもわくわくする。

早く日本に帰りたい。

でもまだまだ我慢。


だって、まだこの先知るべきことや会うべき人がたくさんいるからね。


  1. 2007-10-05 |
  2. Australia |
  3. Trackback(0) |
  4. Comment(8) |
  5. pagetop

自然遺産フレーザー島ツアー!

この度、久々にツアーに参加しました。
(というか、ツアー嫌いなので何気に2回目の参加、、)
フレーザー島にHERBY BAY か RAINBOW BEACHから船が出ているので
私はRAINBOW BEACHからのツアーに参加。


二泊三日の4WDキャンプツアーです。


同じ日に申込みした旅人11人と乗り合わせて行くもので、
行くところも滞在するところも全部自分たちで決めていきます。
全部で50人いた参加者のうち、何故か半分ドイツ人で日本人は私だけ。


まずは地図を持って船に乗り込みます。
fraser




フレーザー島は砂でできた島で
もちろん道路はないので
ひたすらビーチを車で走るはしるハシル。
fraser


川や岩の上も4WDで走るので、
それなりにサバイバルな感じでした。
(多分運転してる人は結構怖かったと思う。)



1日目は1番有名なMC KENZIE湖へ。
湖の透明度はグレードバリアリーフと張り合えるんじゃないかってくらいきれい。
fraser
fraser




2日目は 個人的に一番オススメのELI CREEKっていう川へ。
不純物ゼロの水って感じでした。
fraser
fraser
fraser




そして島を一望できるINDIAN HEADへ。
眺めは最高!!
fraser
fraser



3日目は砂漠の中にあるWABBY湖へ。
fraser


最後にゆっくり過ごそうってことだったんだけど、
私は太陽にやられてフラフラに、、


こっちに来て実は陽に弱いことが判明。
今まで冬しか来たことなかったけど、
春でこの日差しの強さ。

これから大丈夫かな私。



見どころはいろいろとあったけど、
やっぱりみんなであーだこーだいいながら
行くところ決めたり、
ご飯作ったり、
泳いだりするのが一番楽しかったかな。


キャンプってこともあって、
タンク一つの水のありがたさも改めてわかったし、
砂のうえで寝るから布団のありがたさもわかったしね!

ホテルや日帰りツアーもあるけど、
フレーザー島行くなら
RAINBOW BEACH発着4WDキャンプツアーに是非ご参加ください。

何の宣伝?




fraser

WABBY湖に飛び込む若者。


fraser

座礁した船。


fraser

5時半起きしてみた朝日。


fraser

3日間お世話になった4WDの前で記念撮影。
  1. 2007-09-12 |
  2. Australia |
  3. Trackback(0) |
  4. Comment(10) |
  5. pagetop

初SCUBA!

ただいまブリスベンより北へ電車で3-4hrs(多分)いったところにある

バンダバーグという町にきています。


ここへはスキューバダイビングのライセンスを取りに来ました。

しっかり理解していないと水の中では命に関わる事なので、
電話で日本語インストラクターでの講習をお願いしてたんだけど、



なぜか日本人インストラクター不在・・

今ホリデーで週末に戻ってくると。


いや困るし。



しかも、講習の4日間のみSTAYして
次フレーザー島ツアーに申し込みをしてたので、

とにかく4日間で取れないと困ると散々抗議。
じゃなくて、散々お願いした。



結果。
本当は学科修了後にプール行くのに
天気悪いからと1日目にプール講習をし、

翌日突然隣のお店に連れて行かれることに、、


どうやら、どうにも日本人インストラクターを用意できないしで
隣のお店に託したらしい・・

どこまで適当なんだオージー!




だけど、結果オーライです。

そこのお店は社長さんもスタッフの方もとてもいい人達ばかりで
それから4日間無事講習を受ける事ができました。


天気が悪くて、海でのスキューバは残念ながらできなかったんだけど、

水の中で息をするのは何とも不思議な感覚で


魚を見るのも

水槽の中の熱帯魚をみるのとも

写真の熱帯魚をみるのとも

海の上からみるのともまた違って感動しました。




いつか、

青い海でマンタやウミガメと泳げたらなぁ~


そんな夢に一歩ばかし近づいた今日この頃です。



修了記念にカシャ☆
scuba

  1. 2007-09-07 |
  2. Australia |
  3. Trackback(0) |
  4. Comment(13) |
  5. pagetop

里帰り。


してきました。
つっても、日本にじゃないよ。

前STAYしてたメルボルンにあるECO村です。


今回はWorkerとしてではなく、
Holidayで数日訪れました。

4ヶ月ぶりだったんだけど、
なつかしいような、つい昨日まで居たかのような変な感じ。

別にすることがあった訳じゃないんだけど、
退屈しないんだよね何故か。




たまたま村全体でDINNERがあったからみんなにも会えたし、

Co-opworkていうで村人全員でやる仕事も手伝えたし、

新しく村に入って来た家族がラテンのミュージシャンで

ラテン音楽も聞けたし、

村の人たちもほーんま優しくて、


やーまた会えてほんと良かった。





そして今、
何気にメルボルンから一気にぶっとんでゴールドコーストにいます。

ここでは友達の代わりに(?)友達の実家に里帰り。



友人は今キャンベラに住んでるからいないし、
お邪魔するのは微妙では??と思ってたんだけど、

家族はみんなフレンドリーで、

妹の部屋にステイさせてもらって

一緒に映画見たり、

ナショナルブリッジのツアーは高いからと

連れてってもらったり、

おばあちゃんの誕生日パーティーに一緒させてもらったり、

結婚してる妹ファミリー宅で

ベビーシットしたり。



1週間でも2週間でも居てねといってくれてるし、
かなりよくしてもらっていて、

なんかもーほんとすみません。


て気持ちなんです。



当の友人はというと、
私が楽しんでるか心配して何度か電話してきてくれるし、

みんな優しくしすぎです。



相変わらず出会う人たちに

恵まれてることを実感せずにはいられません。




そろそろ悪い人に出会わないと

いい人のありがたみを忘れてしまいそうです。



こんな気持ちをどう返していったらいいのやら。

誰になんてお礼をいったらいいのやら。

Thank you for everything とか

I had a good timeとか

そんな在り来たりな言葉ではどうも伝わらないしな。




シドニーを出てから早くも2週間、そんな事を悩んでいます。

なんて贅沢な悩み。



ばかかー






  1. 2007-08-26 |
  2. Australia |
  3. Trackback(0) |
  4. Comment(6) |
  5. pagetop

PROFILE

CATEGORY

ARTICLE

COMMENT

CALENDAR

ARCHIVE

SEARCH

LINK

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。