スポンサーサイト

  1. 全文表示

壁画描いてました。

Farmの鳥小屋に壁画描いてました。鶏やひよこやカモやうさぎがいるゲージだったので、そんな感じに。そして、色んな国の人が訪れるので7か国語でWELCOMEと描いてみました。久々に絵大きく描いた。S100くらいになるのかな?仕事でもなし、提出課題でもないもんだから、何も考えんでいいし、でっかく描くのは気持ちが良かった。以下行程也。制作風景。...
  1. 全文表示

Mobile farm

今何してんの?ってことで、今はメルボルンの南に位置するBitternという田舎のfarmyardで働いてます。そんで、犬や猫や牛や羊やヤギや豚や鶏やうさぎやモルモットやアヒルや七面鳥やオウムやロバやフェレット、他にもポニーやらワラビ-やらエミューやらディンゴやら・・(あぁ書き切れない・・)それはもうたくさんの動物に囲まれて暮らしている。何故そんなにたくさんの種類の動物がいるかというと、ここは家畜として動物を飼育...
  1. 全文表示

Jumping dog

農場祭とでもいおうか。今いる町Bittern周辺のFarmer達が自分達の専門分野をお披露目したり競い合ったりするお祭りが毎年行なわれている。林業を行なっている人は誰が早く斧で丸太を切り倒せるか競ったり、牧畜業を行なっている人はどの羊やアルパカが最も優れた毛をしているか競ったり、(実際専門家が来て、成分等を調べる。)馬やBull(デカい牛)や犬なんかも賞が与えられる。(基準はよくわからないが…)その中でも特に印象に残...
  1. 全文表示

メルボルンでの出会い。

メルボルンとは、いかなる街なのか。 せっかく来たので、ちょっとだけご紹介。 私が泊まってたバッパーは街の中心部FLINDER STREET。 その向かいにあるFRINDER STATIONは"魔女の宅急便"に出てくる建物のモデルになっている。(来るまで知らなかったけど) 夜のほうがきれいなので、夜バージョンを掲載。 こちらは駅の向かいにあるパウロ大聖堂。 メルボルンはどこもかしこも朝までライトアップがされているし、治安がいいので夜でも...
  1. 全文表示

リトルペンギンに会ってきました!

メルボルンの南に位置するフィリップ島に行って参りました。そこは野生のリトルペンギンが見れるという島です。日が暮れると岸に戻り、草むらの中に掘ってあるペンギン塚に戻ってくるペンギンで10〜20羽の団体で帰ってくることからペンギンパレードと呼ばれています。さて、リトルペンギンたちにご対面できるのは夜なのでフィリップ島までの道中、色々な動物たちに会ってきました。まずはカンガルー!!AUSといえばっ!ずばりカ...
  1. 全文表示

Irish pubにて

メルボルン在住の友達と飲みに行ってきました。1年以上ぶり(?)の再会だったけど、相変わらず大きかったぁー!地元人が知ってる所へ行きたいっていうリクエストでIrish timesというPUBに行ったんだけど、そこがまた良い雰囲気で、お店のマスターも良い人でした。こっち向いて笑ってるのがマスターがしかし、お酒をオーダーするのに一苦労。私はどっちかっていうとビールよりカクテルが好きだから、カクテルを注文しようとしたんだけ...
  1. 全文表示

自然遺産Cradle Mt!

DERBYを後にして、その後タスマニアのLAUNCESTONという街に滞在。そこでは、前のHOSTの友人のお宅にHOMESTAYさせて頂きました。そこが丘の上にあるお家なんだけど、街と山が見渡せて、夜はお茶飲みながらバルコニーからフルムーンを眺めることができる最高のロケーション!!その間、旅の目的の一つでもある自然遺産を訪れました。場所はクレイドルマウンテン。友達も一緒だったこともあり、レンタカーで行くことに。がしかし。レン...
  1. 全文表示

自給自足生活!!

大変永らくお待たせしました!!タスマニアでの生活をご報告!なぜ2週間も往信不通だったかというと、、電気も水道もガスも水洗トイレもない自給自足生活を送っていたからです。電気がない。つまり、電球も冷蔵庫も電子レンジもテレビも掃除機もオーブントースターもミキサーもパソコンもドライヤーもコンポも無いってことです。こんな生活今の日本では到底考えられない生活。だけど、できるんですねこれが。川の水を飲み、糞尿を堆肥...
  1. 全文表示

PROFILE

CATEGORY

ARTICLE

COMMENT

CALENDAR

ARCHIVE

SEARCH

LINK

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。