スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. -------- |
  2. スポンサー広告 |
  3. Trackback(-) |
  4. Comment(-) |
  5. pagetop

Mobile farm

今何してんの?

ってことで、今はメルボルンの南に位置するBitternという田舎のfarmyardで働いてます。

そんで、犬や猫や牛や羊やヤギや豚や鶏やうさぎやモルモットやアヒルや七面鳥やオウムやロバやフェレット、他にもポニーやらワラビ-やらエミューやらディンゴやら・・(あぁ書き切れない・・)それはもうたくさんの動物に囲まれて暮らしている。
farm
farm
farm
farm

何故そんなにたくさんの種類の動物がいるかというと、
ここは家畜として動物を飼育しているfarmではなく、
子どもや観光客が動物と触れ合える
動物ふれあいパークのようなfarmなのだ。
そんな訳で毎日動物にえさをあげたり、
farm

仔羊にミルクをあげたり、
farm

ディンゴの散歩行ったりしている。
farm

 
こういったfarmyardはAUSには結構あるのだが、
ここでは毎週末mobile farmをやっている。

mobile farm?何それ?って最初私も思ったが、
イベントや小学校などに動物を連れていく、
いわゆる出張可能なfarmミニ版といったところだ。
 
出張先は小学校や地区などのお祭り。
毎週mobile farm するから慣れたが、こっちの祭りは規模がすごい。
普通に小学校とかが平日の午後にやるようなイベントにも関わらず、

あんなんや
farm

こんなんや
farm

そんなアトラクションまであるのだ。
farm

やる事全てが大きいよオージー・・(レンタルであるらしいが。)

その一環で出店するのがmobile farm。
普段滅多にお目にかかれない動物と触れ合える訳だから、
子ども達にはすごい人気。

うーん、微笑ましいなぁ。
こうやって動物に興味をもって
命の大切さに触れる機会があるなんていい企画だなぁ。

なんて思っていたのも初日の1時間ほどだった。

子ども達の動物の扱い方といったら、それはひどい。

普通に考えればわかるんだけど、
まだ生き物の扱いがわからない1歳児や、
生き物=おもちゃのように扱う小学生をも
相手にしないといけないわけだから、
動物達は力加減分らず握りしめられたり、
始終追っ掛け回されたりで、
正直死ぬんじゃないかと思う事もしばしばだ。

うさぎやモルモットは特に大人しい為、
とっかえひっかえで一日中抱かれるのだから
見ているだけでもストレスが溜まっているのを感じ取れる。
 
私はその場で動物の抱き方や触り方を手助けするのだが、
教えてあげれば大抵の子どもはちゃんと出来る。
しかし、大人が誰も見ていないと
好奇心旺盛な子どもたちの動物に対する扱いは
途端に変わってしまうようだ。

人間側の立場に立っていれば、
子どもが動物に接触出来るいい機会なのだが、
動物側の立場に立ってみると、少し頭を悩ませる。

farm
farm
farm

自分はどうやって、動物に対する接し方を身につけてきたっけ?

 
昔からカブト虫やとかげ(大抵卵や幼虫を拾って、
成虫になったら逃がしてた、というか逃げてた。)を飼ったりはしてたけど、
動物は小学生の時カモ飼ったのが初めてだし。
そん時は、、うーん。
仲良しだったけど、確かにモカ(カモの名前)的には苦労もあったろうなぁ。

合鴨(基本飛べない)なのに橋から飛ばしてみたり、
いつも車の助手席に乗せてたから車酔いしたり、
水掻きがあかぎれになったらバブに入れてみたり。

だけど、川は必ず一緒に泳ぎに行ってたし、
宮島行く時も一緒だったし(カモでフェリー乗ったのモカくらいでは・・)、
いつもペタペタと短い足でついて来てたっけなぁ。


オーストラリアでの旅の目的の一つとして、
様々な動物と人間との関係を見ていくつもりなのだが、
これからどんな視点に巡り会うのか。

いと難し。


スポンサーサイト
  1. 2007-03-28 |
  2. Australia |
  3. Trackback(0) |
  4. Comment(4) |
  5. pagetop

Post

Comment

Tai Ping Towers

動物って可愛いですよね。触れ合うと心が癒されますよね。僕の家でも猫を飼っていますが、あまり可愛くないのに(笑)、触れ合うと心が癒されます。

日本でもたくさんの動物と触れ合う機会はあまり無いと思いますので、仕事は疲れると思いますが、たくさんの動物と触れ合って心を癒して下さいね。頑張れ!。

  1. 2007-03-28 |
  2. 編集

あやぽん

色んな動物と触れ合える機会が身近にあるのはいいことやね。
まぁ動物にとっては大変なお役目なんだろうけどv-15
物事にはどうしても良い面とそうでない面があるからね・・・
動物と人間の共存の永遠のテーマですね。たぶん。

  1. 2007-03-28 |
  2. 編集

やけ

素晴らしいネーミングセンスだv-19

着眼点が、やっぱりRhだなぁと思いながら読んだよ。
所々微笑ましいし(笑)バブって。うふふ。
そうだね、どうやって動物との触れ合い方を覚えてきたんだろう?何より自分で触れて周りを見て扱い方を覚える、自分で判断できるようになるきっかけが子供たちにとってまず必要だよね。
まずは体験する機会があって、それから『こうすると、痛がるからやめよう』とか、想像力を働かせることができるようになるのかな。感情や思いやりもそうやって覚えていくんだろうなぁと。
う~ん。旅を通じて、物事をこうやって真剣に考えられるのって、素敵だね。

  1. 2007-03-30 |
  2. 編集

Rh

v-134タイピンさん
ほんと癒されますよね!
そして可愛くなくても親バカになりますよねv-522
私も実家の犬と戯れてると、時間があっという間に経ちます。(おかげで自分の事が一向に進まないんですけど・・)

v-134あやぽん
そーーーーかぁーーっ!!
その考えが私には足りなかったんだわ!
どうしても全て良い方向にしたいと考えてしまうのがいけないのね私。
確かに良い事と悪い事ってどうしてもあるんだよね・・
頭で判っていても気持ちの面がね、、
変えれる事とどうしても無理な事を自分の目で見ないと多分ダメなんだろうね。
これからまだまだ人間×動物の関係は報告していきまっす。

v-134やけ
でしょ?未だに誰が付けたのか不明。

私っぽかった?んーほんとたいぎぃわ私。
もっとeasygoingで行きたいんだけど。
ここで考えた結論は、
動物を商業化するとどうしても動物側にとってマイナスな事が当然出るけど、
普段身近に動物と接せれる訳ではないし
将来的な面(子どもが大人になった時の動物との関わり方)を考えても必要な事だと思った。
だけど、ほんと自分が子どもを育てる時が来ても
「命の大切さ」だけは絶対教えてあげなきゃなぁと思うわ。

  1. 2007-03-30 |
  2. 編集

PROFILE

CATEGORY

ARTICLE

COMMENT

CALENDAR

ARCHIVE

SEARCH

LINK

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。