スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. -------- |
  2. スポンサー広告 |
  3. Trackback(-) |
  4. Comment(-) |
  5. pagetop

奇怪な生き物。



週末博物館へ行きました。

これはブタの骨。
museum

股擦れ。


これはナマケモノの骨。
museum

よいこらしょ。


これはアルマジロの骨。
museum

寒い・・


さて、これは何の動物でしょうか?
museum

これほど奇怪な生き物はあまりいないんじゃないでしょうか。
っていうくらい変わった形、生態の動物です。

そうです、オーストラリアを代表する動物カモノハシです。

カモノハシの何が変わっているのかというと、
その姿形だけではありません。




哺乳網単孔目カモノハシ科カモノハシ属に唯一分類される哺乳類。

体長約30-60cm。

鴨のようなくちばしに水掻きのついた短い脚で水中を泳ぎ、
哺乳類にも関わらず、卵(1-3個)を産み、ふ化後母乳で子供を育てます。

しかし、母乳といっても乳首をもたず腹部の皮膚から乳が分泌されます。

さらに不思議な事に糞尿も生殖も全て同じ総排出腔(鳥やは虫類と同様)を持つという
大変ユニークな動物です。

こういった卵を産む哺乳類は世界でもこのカモノハシと以前ご紹介したハリモグラのみです。




ですがこのカモノハシ。

きれいな川にしか生息できない大変デリケートな動物で
オーストラリアのごく一部の地域にしか生息していません。

(タスマニアで2週間生息している川へ何度も見に行ったけど、結局見れなかった・・ってくらい警戒心も強いのでお目にかかる機会も少ない。)


そして、今日その数を減らしている動物でもあります。

一度絶滅したらもう一生出会う事はない地球の仲間達を大切にしていきたいなと思います。





因みに人間の骨も展示されてました。
museum
museum
http://worldjourney69.blog81.fc2.com/tb.php/8-8ca8f89f

こういう展示の仕方がオージーっぽくて好き。
(右は子供より張り切って、体験コーナーのチャリをこぐお母さん。)

スポンサーサイト
  1. 2007-05-04 |
  2. Australia |
  3. Trackback(0) |
  4. Comment(6) |
  5. pagetop

Post

Comment

ぐち

ソファーに腰掛け、
膝組んでリラックスしとる
骸骨って何だかシュールね…

骨格標本っていうより、
インスタレーションみたい。
照明も渋いし(笑)

でも一番気になるのは
ソファー横の標本。
何あれ?
映画、エイリアンの子供の骨格?

  1. 2007-05-04 |
  2. 編集

みんな生き物

人間の標本が一緒に展示されているのいいですね☆
みんな生き物ですもんね。
彫刻をしていると骨格がとっても気になります。
可愛い顔した動物も、その下には骨があるんだな~とか。綺麗なお姉さんも、おっさんも、よぼよぼのおばあさんも、みんな同じように骨があると思うと不思議ですよね。

  1. 2007-05-04 |
  2. 編集

あやぽん

何でカモノハシって名付けられたんだろうね(笑)
気になって英名も見てみたら・・・
A duckbilled platypus:アヒルのくちばしを持つ動物ってことみたい。
似たような命名ですねv-237
何か a duckmole ってのも聞いたことあるけど・・・どうなんやろ?
これ面白いよね、アヒル+モグラ(笑)
まぁしかし、人間も卵で産める哺乳類だったらよかったのにv-86
な~んちゃって。

  1. 2007-05-04 |
  2. 編集

Rh

v-134ぐち
でしょ。
よく彫塑室の骸骨を持っていってたよね、ぐち。
人間の横にいるのは犬と猫の外国だよん。

v-134みんな生き物さん
骨はほんと面白い。
鳥の骨は中身がスカスカで軽かったりと、
全てが理にかなってるなと思う。
彫刻も骨格を意識してないと存在感が違うしね。

v-134あやぽん
こっちではplatypusって言ってるよ。
英名ってなるほどってなのが多いよね。(日本語も然りか。)
人間は卵・・怖・・・

  1. 2007-05-04 |
  2. 編集

たにやん

頼むから
俺の骨は
こんな風な展示は絶対にせず、
そっと埋葬してほしい・・・


個人的には
アルマジロの骨の
「寒い・・・」が
ツボでした(爆)
あんた、
いいパンチもってんねぇ。

  1. 2007-05-08 |
  2. 編集

Rh

v-134たにやんさん
きっと・・きっと・・・っ!!

アルマジロの他にも日本人はやらないだろうなぁ的な展示がたくさんありました。ウミガメが何故か立てて置いてあったり・・博物館の展示でさえ国の特色がでるもんなんですねぇ。
私的にはたにやんさんの視点がだいぶツボでした@

  1. 2007-05-10 |
  2. 編集

PROFILE

CATEGORY

ARTICLE

COMMENT

CALENDAR

ARCHIVE

SEARCH

LINK

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。