スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. -------- |
  2. スポンサー広告 |
  3. Trackback(-) |
  4. Comment(-) |
  5. pagetop

命。


昨日、愛犬あーちゃんが自宅で息を引き取った。

享年14歳。

思えば、私の人生の半分以上があーちゃんと一緒だったんだ。



幼い頃から心臓が悪く、いつも病院通い。

そんなには長くは生きられないだろうと思っていた。

10歳を過ぎて、

今年は大丈夫だろうかと思いながらも一年また一年と過ぎ、

旅に出る前、



もしかしたらもう会えないかもしれない




そう思った。

でも、言葉に出すと本当にそうなりそうで言葉には出さなかった。




私はいつも命について考える。


肉食、家畜、動物実験、毛皮や動物の販売。
人間によって失われる命の数はあげたらキリが無い。


中でもペットの位置付けはとても難しい。

特に犬や猫などは自然界では生きられない人間が改良した動物。

人間と一緒でなければ生きていく事ができない、

つまり、ペットの人生は一緒に生活する人間によって決まるともいえる。





彼らにとってどんな生き方が幸せなのか?


長生きすれば

子孫を残す事ができれば

ぜいたくなご飯を毎日食べれれば幸せなのか。


答えはNOだと思う。


私はブリーダーの手によって、
子どもを何度も無理に産まされた母親犬を見た事がある。

毎日えさだけ貰って話しかけさえされず、
ひもにつながれたままの犬を見た事がある。

だけど、そうやって生きながらえる彼らと
飼い主から見放され、年間保健所で殺される44万匹以上の犬猫と
どちらが幸せなのかは私にはわからない。




だけど、例え短い生涯だったとしても

子孫を残す事ができなくても

毎日ぜいたくなご飯が食べれなかったとしても

愛情を受けてさえいれば、

彼らは幸せだと感じるんじゃないだろうか。


これは人間にも言える事だと思う。





基準はない。

環境によっても違うと思う。




ようは本人が楽しかったよ!みんな元気でって、

最後にそう思えるような時間を過ごせてたか。


周りにいた家族が、彼を思って涙を流し、

一緒に過ごせてよかったと笑い合えるようなそんな時間を過ごせてたか。




あーちゃんの気持ちを人間語で聞く事はできなかったけど

Rh家は本当にみんなあーちゃんを愛してたなぁと思う。



11月19日。

弟の誕生日に亡くなったあーちゃん。

先月は叔母の愛犬が叔母の誕生日に亡くなった。

友達の最期を見届けて安心したのかもしれない。

みんなで一生忘れないねと話す。



あーちゃんの最期を日本で見届けれなかったことが悔やまれるけど、

スカイプで安らかな寝顔を見る事ができた。




あーちゃん、

たくさんの幸せと思い出をありがとう。

あーちゃん



スポンサーサイト
  1. 2007-11-20 |
  2. Australia |
  3. Trackback(0) |
  4. Comment(9) |
  5. pagetop

Post

Comment

はべ

あーちゃんとお父さんとのエピソードや、家族の中でのあーちゃんの位置づけとか、鼻ぺちゃなコトとか・・・
いかにあーちゃんがかわいいかということを事あるごとに力説していたRhを思うと、つらいね・・・
最期を看取ってあげたかっただろうけど・・・
14歳、あーちゃんにとってもRh家にとっても幸福な14年だったんじゃないかなぁ。
ペットが最期に「楽しかったよ!」と思えるように飼い続けることって、簡単なことじゃないよね。
あーちゃんはRhの旅を見守ってくれていると思いたいね。

  1. 2007-11-20 |
  2. 編集

ちあつき

読んでいて涙が止まらなかった。

愛された事を知る事で幸せを知る、そんな簡単な事を人はよく忘れてしまいますね。


  1. 2007-11-21 |
  2. 編集

のり

そおかぁ。。
あーちゃんのいた14年間、あーちゃんもRhの家族にとってもすっごく幸せな時間だったんやね。

時間の長さじゃないと思うけど、昔うちの家でも犬飼ってて、でもみんなフィラリアにやられて長くても5年で死んでしまってん。
それが悲しすぎて、別れが辛すぎて、それ以来飼ってない。私の年で飼ってもらった犬が死んじゃったときは、ホントに3日3晩泣いた。

だけどその最後の一匹、信じてもらえないだろうし頭おかしいって思われるかもしれないけど、私が生まれる前に戦争でなくなった、うちのじーちゃんの生まれかわりやってん。

家族に愛されて、一緒に生活できて幸せだった
て言ってたよ。

  1. 2007-11-21 |
  2. 編集

Tai Ping Towers

辛いですね。僕の家も2回ビーグルを飼いましたが、幸い死にめに会えました。

残念ながらあーちゃんの死にめには会えなかったですが、あーちゃんはきっと、旅行中のRhさんを天国で見守っていますよ。

Rhさんが涙すると、あーちゃんも心配しますよ。だからあーちゃんはRhさんの心の中で飼いましょうよ。そして次へ進みましょうよ。

  1. 2007-11-21 |
  2. 編集

Rh

v-134はべ
うん、ほんとに事あるごとに力説してたね(笑)
目も耳も悪くなってたし、食べ物も噛めなくなってたから本人も辛かっただろうけど、最後までかなり頑張ってくれてたみたい。
亡くなる2日前にテレビ電話で会えたからよかったよ。

v-134ちあつきさん
本当、真理というか1番大切なことって当たり前の事なんですけど、見えてない事が多いですよね。
複雑な社会状況ですけど、目の前にある大切なものに常に目を向けていきたいと思います。

v-134のり
メルありがと!
つづきは再会の時に楽しみにしておくよ☆

病気は本人も辛いから、かわいそうだよね・・
別れは悲しいけど、たくさん嬉しい事があったからね、やっぱり一緒に過ごせてよかったよ。

v-134タイピンさん
そうですね、心配させないように無事に日本に帰らないと!

  1. 2007-11-23 |
  2. 編集

あやぽん

家族が逝ってしまうのは寂しいよね。
私も柴犬リキちゃんの最期にはたちあえず・・・(涙)
あーちゃん、きっと幸せに眠れたと思うよ!
帰国したら是非墓参りに行って元気な姿見せてあげて下さい!

  1. 2007-11-24 |
  2. 編集

Rh

v-134あやぽん
うんっそうするよ!
帰ったらモカ(飼ってた鴨)の墓参りも行かなきゃ。

  1. 2007-11-24 |
  2. 編集

おにぼ

コメント遅くなっちゃったけど、書かずにいはおれない!
と思ってねぇ・・・。

日記読みながら前に飼っていた犬のこと思い出して涙があふれたよ。

就職して2年はたった頃かな。私は広島で働いてるから実家になかなか帰ることはないんだけど、かっていた犬、マックっていうんだけど病気でもう危ないかもってお母さんに言われて、2日の休みで千葉に帰って会ってきたんよね。以前の姿からは想像できないくらい弱っててね。歩くのもやっとなのにちゃんと出迎えてくれて・・・。でもその1週間後に息をひきとったよ。お母さんの膝の上にいて、最期のときに顔を見上げて息を引き取ったって。

たくさんの犬がいる中でマックは幸せな犬だっていつも話してたよ。こんなに愛されてる犬は他にいないよってね。

あーちゃんもきっと幸せだったよ。家族みんなの愛情かんじてたと思う。

一緒に過ごせた楽しい時間と思い出を本当にありがとうって思うねv-22

あーちゃんも見守っていてくれるし、Rhは元気に旅を続けてねv-233

  1. 2007-11-28 |
  2. 編集

Rh

v-134おにぼ
コメントありがと☆
そうか、マックも幸せな時間をおにぼ家の人々と過ごしてたんだね!!
老衰や病気で弱ってる姿を見るだけでも心が痛むよね。
でも最後に会えて本当によかった(>_<)
また帰ったら新しい命についても是非語りましょうe-68

  1. 2007-11-29 |
  2. 編集

PROFILE

CATEGORY

ARTICLE

COMMENT

CALENDAR

ARCHIVE

SEARCH

LINK

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。